外国語を学ぶなら、留学をするのはよい方法です。でもどんな方法をするにしても、毎日学び、毎日使わなければなりません。

外国語を学ぶ

外国語を学びたいと思ったことがありますか。
それはわくわくさせられるようなことです。

なぜなら、それによって自分の世界は大きく広がります。
自分の友人も広がるのです。

また、仕方なく、語学を学ばなければならない人もいます。
なぜなら、いろんな事情があるからです。

人によっては、仕事の出張で外国にいかなければいけなくなって、語学を始める方もおられることでしょう。
留学を考えている方もおられるかもしれません。
なぜ留学は、語学を行ううえで、効果的といわれているのでしょうか。
それは、一日中いやでもその国の言語に接するからです。

やはり、語学において大切なのは、言語を使うということです。

ですから、たとえ外国にいっても、日本人とばかり接し、日本のお店や飲食店ばかり、行っているなら外国語は、上達しません。
英語の効果的な学習方法おすすめ英語学習法(2013年5月2日アクセス)によると「英語に限らず外国語学習で最も大切なことは、その外国語にできるだけ触れることです。
」となっており、語学とは、やはり、その外国語に触れることがどうしても大切だからです。

さらに、やはり、語学を学ぶ上で、子供は大人よりも、有利であるといえます。
ですから、もし留学を考えているなら、若いうちに行くなら、それだけ、言語は覚えやすいでしょう。
留学しているとしても、また、国内で外国語を学んでいるとしても、言語を学ぶのは、大変なことです。

ですから、どうしても辛抱しなければなりません。
時間もかかります。
謙遜に人から学ばなければなりません。
時には笑われることもあるでしょう。
ばかにされることもあるかもしれません。
ですから、プライドを捨てましょう。
言語は先ほど考えましたように使えば使うほど上達するのです。

ですから、間違いは必ずします。
そのときには、人に尋ねましょう。
そのようにして覚えた単語は、記憶に残りやすいものです。

人から笑われたなら一緒に笑いましょう。
そうしているなら進歩は速くなるのです。

最初は、学ぶのに時間がかかることでしょう。
学んだならすぐ使いましょう。
留学しているなら、そうするうえで有利です。

外国語は実践あるのみです。

そして、すぐ間違いをなおしてもらえるので、悪い型が身につかないのです。

語学は学べば学ぶほど必ず結果がついてきます。
ですから、なにも恐れる必要はありません。
いつかだれでも必ずある程度のレベルになります。
そのとき、以前の間違いや恥ずかしい気持ちは笑い話になるでしょう。
ですから、語学を志すなら、毎日学び、毎日使いましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加